日々、身辺しがらみやら煩悩の絶え間がなく、そんな日常の中から、ひとまず解放され一人きりになると、ホッとする。 ひとり車を走らせ見知らぬ場所へ降り立ち、カメラ片手に、ただ気の向くまま路上をうろつくことが何より好きだ。
自分でも何を撮りたいのか謎であるが、世の中で何が面白いといって、言葉の届かないものがいちばん面白いと思う。  田中昭則
「ぶらり旅日記」
「ぶらり旅日記」
《偶然を求めて彷徨う》
逃げて行く写真を今日も追いかける。
記者の喜怒哀楽記
「記者の喜怒哀楽記」
《江津・浜田の情報サイト》
街が元気になるニュースを待ってます。